デジタル化すれば情報共有が可能!!修正や編集も簡単!!

デジタル化による情報共有が可能

製品を作るとき、その設計書が必要になります。大量生産するものなどは設計書を見なくても作れるものがありますが、建築物などだとそれぞれで仕様が異なります。注文生産で作る機械などもその都度設計書を見ながら作らなくてはいけません。建物であれ機械であれ専門の設計士などが作成しますが、その設計書は比較的簡単なもので細かい情報が書かれていないときもあります。CADでは、設計士が作成した手書きの設計図をデジタル化し、あいまいだった数字なども確定しながら作成していきます。電子化された情報は共有しやすくなります。簡単にプリントアウトして現場の人で見られますし、離れているところにいる人には電子メールなどで送信したりできます。

修正や編集が簡単に行える

文章を原稿用紙を使って鉛筆で作成するとき、間違えればその都度消しゴムを使って消します。文章の途中で間違いが見つかると、すべてを一旦消したり、挿入記号を入れて無理やり文章を足すなどかなり見にくくなります。ワープロで作成すれば、消したり挿入したりの作業は楽々行え、見た目もきれいです。設計業務も同じで、鉛筆で作成すると間違いがあるたびに消さなくてはいけません。建築物の設計だと細かい線を何本も書いたりしますが、間違っている部分だけ消すのは非常に大変です。CADなら簡単に不要な線が消せ、新たな線を追加できます。消したときには前の線の跡なども残らないので、見えにくくなったりもしません。設計書にない追加なども簡単に行えます。

上下水道工事の設計は複雑で人の手で行うとかなりの労力が必要です。。水道CADを利用することによって、設計を正確に早くすることができるようになりました。そのため、仕事の効率があがることが期待されます。