仕上げ工程における生産を効率化させる方法はこれ

酸洗いの仕組みの紹介

酸洗いとは酸性の液体が金属を溶かすという性質を使った仕上げ工法です。表面の粗さをきれいにして光沢をもたせたり、角をミクロン単位で丸めたりバリを除去したりすることができます。酸性の化学により防錆効果も得られるのです。精密部品に適用されています。したがって、液体に製品をつけるだけですのでシンプルな工程でリーズナブルな投資で実現します。

酸洗いのメリットの紹介

酸洗いは、機械や人の手が入りにくいところの処理ができます。大型部品や長尺部品や複雑な形状に対して液体が入り込んでいくので処理ができるわけなのです。液体につけるだけですので人の労力を大きく削減することができることが最大のメリットです。また、一度に多くの製品を投入することができますので大量生産や多品種生産に向いています。

酸洗いの留意点について

酸洗いはミクロン単位での変化をもたらしますので前工程での品質管理が重要です。バリの大きさや表面粗さの程度を統一することで、高品質の仕上げが実現するのです。金属と酸性の液体の選定と処理時間を試行錯誤によって導き出します。あとは工程表を通じて管理すれば問題ありません。また、安全にも配慮しなければなりません。酸性は人に触れるとやけどの症状や臭気により気分を害してしまいます。これを撲滅するためには保護具の着用の徹底と換気設備が重要です。さらに、環境面にも配慮が必要です。土壌や河川に流出してしまっては環境破壊を引き起こしますので、自治体のルールに基づいた処理方法を徹底する必要がありますし、流出防止のための設備面からのアプローチもポイントです。

酸洗いとは、メッキの前処理で、金属の「焼け」や「さび」などを塩酸などで取り除くことです。それをしないと、メッキの密着不良が起こります。