LEDならリモコンで調光できる!絵画などの日焼け防止に最適!

自由に調光できるタイプが便利

白熱電球による照明では、電球の交換をしないと調光ができません。100ワットだと非常に明るいですが、寝る前に少し暗くしたいときは30ワットや20ワットなどに交換しないといけません。蛍光灯だと複数の蛍光灯によって調光ができます。ただし微妙な調整はできません。LEDの照明の中には、細かく調光ができるタイプがあります。リモコンが付いていて、ダイヤルやレバーなどで明るさが変えられます。ダイヤルなどを少しずつ動かすと少しずつ明るさが変わります。わざわざ照明器具を取り換えなくても、簡単に明るさなどを変えられます。食事の時は少し暗めにして、団欒の時は明るく、寝る前にまた暗くして等ライフスタイルに合わせて自由に明るさを変更できます。

自宅で日焼けをしない照明

晴れた昼に外に出ると太陽の光を浴びます。春から秋にかけて紫外線が強くなり、対策をしていないと簡単に日焼けします。太陽から紫外線が出ているのはよく知られていますが、それ以外でも紫外線が放射されています。自宅内で使われる照明器具にも紫外線が出るものがあり、人を日焼けさせるほどでないにしても、壁材や絵画などを変色させたりします。ではLEDによる照明はどうかですが、紫外線が出ていません。ですから絵画などを変色させたりもしません。記念写真なども変色するのが嫌でなかなか飾れなかったかもしれませんが、LED照明ならその心配がありません。窓ガラスに紫外線カットタイプを使えば、完全に紫外線をカットできるので、安心していろいろなものを飾れます。

LEDライトパネルは、店頭に設置する看板を視認性の高いタイプに変更できるメリットがあるので、店先で一押しの飲食物等を映像や写真で見せる事が出来ます。