進化する合宿免許、旅行気分で免許取得!?

合宿免許は進化してる!

合宿免許というと、昔は部活の合宿のようなイメージでした。短期間で免許を取得できるメリットしか思い浮かばないという人も多いでしょう。しかし、今は自動車学校が、さまざまな工夫を凝らし進化しています。宿泊先はホテルで、シングル・ツインなど選ぶことができ、なかには、ミニキッチン付きなど、設備も充実した部屋を用意されているところもあります。食事は、朝食と夕食付きになっているところが多く、ホテルのシェフこだわりの豪華なものだったり、提携先で使えるクーポンをもらって食べに行くこともできたりと、まさに小旅行のような気分を味わうことができます。

合宿は、短期間・低料金!!

本来の目的である免許取得に関しても、合宿型は効率良くカリキュラムを組むことができるので、最短で、AT車であれば14日間、MT車であれば16日間で取得できるスケジュールになっているところが多いようです。料金も通学型と比べ、平均10万円前後節約できるようです。また、シーズンオフなどの割引が大きくなる期間もありますので、なるべく費用を節約したい人は、その時期に取得するとよいでしょう。

合宿免許のデメリット

合宿免許は、通常合宿が終わるまで帰宅できません。そのため合宿中は、仕事や学校などに行くことができませんので、まとまった休みが取れない人には不向きと言えます。また、普段の生活している地域で教習を受けるわけではないので、極端に交通事情が違う地域で教習を行った場合、地元に戻ると戸惑うこともあるかもしれません。そして、これは通学型でも言えることですが、教習所によって教え方にかなりの差が出ます。豪華な特典や料金だけに気を取られず、本来の免許取得という観点も踏まえた教習所選びをしましょう。

合宿免許の期間はその商品によって異なっています。大体2週間程度の、とても短期間の合宿が多いようです。