蛇口から水漏れしたけど自分で直すことはできるの?

水の漏れている箇所を確認しましょう

蛇口から水漏れしているときにまず行うことは、どの部分から水が漏れているのかを把握することです。漏れてくる場所は限られており、ハンドル混合水栓では蛇口の吐水口にパイプの付け根、そしてハンドル下と蛇口の取り付け部分です。レバー混合水栓では、レバー下とその下にある銀色の金具の部分、そして止水栓の接続部と吐水口になります。このようにどこから漏れているのか把握できなければ、自分で直そうにもうまくいかないのでしっかりと確認することが必要です。自分では判断ができないような場合は、修理業者に連絡をして直してもらいましょう。

直す前に止水栓または元栓を締めましょう

水漏れを直す際に必ず行わなければいけないことが、止水栓や元栓を締めることです。これを行わないと部品を外した時に、水が噴き出てしまう原因になるので忘れずに行わなければいけません。レバー混合水栓の場合は、バルブカートリッジやパッキンの劣化で水漏れしていることがほとんどです。そのため交換する際は、バルブカートリッジとパッキン両方行うようにしましょう。

ハンドル混合水栓では吐水口から漏れるのは、ハンドル下の止水コマの劣化によることが多いです。パイプの付け根ではナットが緩んでいたり、パッキンの劣化の可能性があります。ハンドル下であればナット内部のパッキン、蛇口の取り付け部分であればパッキンやねじに巻かれているシールの不具合が原因になりやすいです。パッキンなどは劣化する物なので、同じ時期に交換するのがおすすめです。止水コマやパッキンはホームセンターなどに売っているので、自分で直すことができます。

水漏れは、部品の破損や老朽化が原因となることが多く、日常生活に影響しやすいため早期の対処が必要となります。